全てのコーギーとそして共に生きる人達にHAPPYな毎日を!

リードは突然外れる!ダブルリードで安全性を高めた散歩のやり方

アフィリエイトプログラムを利用します!

みなさんこんにちは!

愛犬との楽しい散歩は飼い主も愛犬もリフレッシュできる最高の時間ですよね!

ただ『楽しい時間である一方でリードが壊れてしまうことにより、愛犬が走り迷い犬となってしまうリスク』が少なからずあります。

筆者が知っている方の愛犬も、散歩中に首輪が外れてしまい、迷い犬となってしまったことがありました。

幸いなことに数日後、捜索の甲斐もあり再会できたのですが「もし戻ってこなったら…もし事故に遭っていたら…」なんて考えるとゾッとしますよね。

本記事では、そんな迷い犬になってしまう事故のリスクを少しでも下げられるダブルリードという方法を紹介したいと思います。

この記事で分かること
  • リードが外れてしまう原因
  • ダブルリードとは
  • ダブルリードを使用する上での注意点
目次

リードが外れてしまう原因

リードが外れてしまう原因
リードが外れてしまう原因

リードが外れてしまう原因には様々な理由があります。

  1. リードの破損
  2. 付け方が悪い
  3. 位相による外れ
  4. 首輪やハーネスが外れる

リードの破損

長年使用しているリードだと、ナスカン部分が緩みガタツキが出やすくなってしまいます。その状態だと愛犬の急な動きに対応できずに外れてしまったり、破損してしまうことがあります。

コーギーは引っ張る力が意外と強いのでナスカン部分の緩み日頃から確認を注意をしておきたいところです。

付け方が悪い

散歩を楽しみにしている愛犬が大人しくしない。なんてことはよくありますよね!

リードをハーネスにしっかりつけたと思っても、その状態だとナスカンがハーネスの固定部分の片一方にしかついていないことや、付け方が甘いことがあります。

位相による外れ

散歩中に愛犬がリードを引っ張ったり、マーキングの為にクルクル回ることはありませんか?

実はナスカンが位相により外れやすくなってしまうのです。どんなに気をつけていても愛犬の行動を確実に予想することは、ほぼ不可能です。

首輪やハーネスが外れる

皆さんは散歩の時に基本的には首輪かハーネスのどちらかを使用していると思います。

しっかり付けられているように確認をしていても意外と首輪やハーネスは外れやすく、本当にふとした瞬間に外れてしまうことがあります。

特にコーギーは首と顔の大きさが同じくらいなので首輪が外れやすいですし、ハーネスも足が短い為、外れやすいです。

ダブルリードとは

ダブルリードとは
ダブルリードとは

ダブルリードとはその名の通り、2本のリードを使って散歩する方法です。一般的には首輪とハーネスを装着して双方にリードを付けて散歩します。

万が一首輪が外れてしまってもハーネスがあるので逃げられませんし、逆もまた然り。リードが外れてしまってももう片方のリードがあるので両方同時に外れるとかでない限りは逃げることができません。

散歩中に交通量の多い道路の近くを通る方やうちの子は呼び戻しが難しいと言った場合には、ダブルリードでの散歩を強くお勧めします。

ダブルリードのやり方

ダブルリードのやり方は通常の首輪とハーネスを装着し、リードを2本使う方法と最初からダブルリード用の二股に分かれたリードを使う2つのやり方があります。

下記の動画は通常の首輪とハーネスを用意して、双方に別々のリードを付けてダブルリードとしました。

やりすぎだと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに、数を付ければいいというわけではありません。あくまで外れてしまうことに対する保険となります。安全に安全を重ねて、ワンちゃんも飼い主様も楽しくお散歩することがダブルリードの目的なのです。

ダブルリードを使用する上での注意点

ダブルリードには注意点もあります。

  • 絡まりやすい
  • リードの扱いが雑になってしまう可能性

絡まりやすい

リードを2本使用する場合はリード同士が絡まってしまわないように注意が必要です。1本は命綱として利用する為、メインとなるリードを決めてもう片方はいざという時のために手首を通しておくと散歩がしやすいです。

しかし、気をつけていてもリード同士が絡まってしまうことはあるので時々立ち止まって絡まったリードを元に戻す必要があります。

ダブルリードはリードを2本持てるというのが強みですが、絡まるのが大変という場合にはダブルリード用の二股に分かれているリードを使用するのが良いでしょう。

持ち手は一本になってしまうので万が一にでも手放してしまった場合には大変ですが、リード自体は一本なので絡まることはなくなります。

リードの扱いが雑になってしまう可能性

安全性が増すため気が抜けてしまってリードの扱いが雑になる可能性があります。あくまで一本のリードよりも安全に楽しく散歩ができるようになるだけです。

リード同士が絡まったまま散歩を続けているとさらにリード同士が絡まってナスカンを開けてしまう可能性もありますし、ワンちゃんの足に絡まってケガに繋がってしまう可能性もあります。

ダブルリードだからといって気は抜かずに丁寧な散歩を心がけるようにしましょう。

【まとめ】リードは突然外れる!ダブルリードで安全性を高めた散歩のやり方

【まとめ】リードは突然外れる!ダブルリードで安全性を高めた散歩のやり方
【まとめ】リードは突然外れる!ダブルリードで安全性を高めた散歩のやり方

今回はワンちゃんと飼い主様がより安全にお散歩を楽しむ為の工夫としてダブルリードを紹介させて頂きました。散歩中にいつかリードか首輪が抜けてしまうんじゃないかと不安な方も多いはず。

その様な方はダブルリード試してみてくださいね。リード一本で散歩するよりはストレスなく散歩が楽しめる様になります。

以上となりますが、皆さんが今より安全に!楽しく!お散歩できるといいなと思います。

アフィリエイトプログラムを利用します!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる