MENU
アーカイブ
全てのコーギーとそして共に生きる人達にHAPPYな毎日を!

【キャリア】コーギーとDM病を超分かりやすく解説!【発症しない】

どうもこんにちは!犬と暮らす歴25年以上、現在コーギー犬のロック(@corgi_lock)と暮らしているロックパパです!

コーギーを飼うにあたって超気になるのがDM病(変性性脊髄症)ではないでしょうか。

実際、病院などで遺伝子検査を行ったら「うちの子はキャリアだった…」と不安に感じる方も多いと思います。

ロックパパ

とりあえず一度安心してください。DM遺伝子キャリアは基本的には発症まではしないとされています!

本記事ではコーギーとDM病についてシンプルになるべく分かりやすく解説していきますね。ぜひ参考にしてみてください。

目次

コーギーのDM病キャリアは限りなくゼロに近い確率で発症しない

コーギーのDM病キャリアは限りなくゼロに近い確率で発症しない
コーギーのDM病キャリアは限りなくゼロに近い確率で発症しない

まず知って欲しいのがDM遺伝子はクリアは勿論、キャリアも発症まではしないと言われています。危険性が高いのは陽性(アフェクテッド)のコーギーです。

  • DMクリア:DM遺伝子を持っていないので発症しないと言われている
  • DMキャリア:DM遺伝子を持ってはいるが正常な遺伝子も持っているので発症には至らないと言われている(でも遺伝はする)
  • DM陽性(アフェクテッド):DM遺伝子に対して正常な遺伝子を持ち合わせていないので発症する可能性が高いと言われている

キャリアと言われると不安が湧きたちますがDM病を発症する可能性は限りなくゼロに近いと言われているのでまずは一度安心してください。

DM病は劣性遺伝子と言われている

子供は両親から1つずつ対になる遺伝子を受け継いで生まれてきます。

  • 耳垢が湿る遺伝子をAとする
  • 耳垢が乾く遺伝子をaとする

父親が耳垢が湿るタイプで遺伝子がAAとし、母親が耳垢が乾くタイプで遺伝子がaaとした場合、子供には父親のAAのうちのどちらかと、母親のaaのうちのどちらかが遺伝します。

すると子供の耳垢の遺伝子はAaの組み合わせとなりますが、半々の確立で耳垢のタイプが変わるのではなくこの場合、Aの遺伝子が優先して発現するようになります。

  • 耳垢が湿る遺伝子は優性
  • 耳垢が乾く遺伝子は劣性

なぜAaの場合、耳垢が湿る遺伝子が優先して発現するのかと言うと遺伝には優性と劣性があり優性の方が優先的に発現する法則のようなものがあるからです。

その為、耳垢の遺伝子Aaを持つ子はほぼ確実に優性遺伝のAが発現するようになり100%に近い確率で耳垢が湿るようになるのです。

DM病の遺伝は劣性と言われているので、優性の正常な遺伝を持ち合わせている状態(キャリア)であれば正常な遺伝子が優先的に発現するのでDM病を発症することは高確率でありません。

補足

優性劣性と言っていますが、優性だから優れている劣性だから劣っているというわけではありません。

そもそもコーギーに発症リスクが高いDM病って何なの?

そもそもコーギーに発症リスクが高いDM病って何なの?
そもそもコーギーに発症リスクが高いDM病って何なの?

DM病(変形性脊髄症)というのは漢字の方を見れば一目瞭然なのですが脊髄(せきずい)の病気です。

  • 脊髄(せきずい):脳から連続する中枢神経で背骨の中に保護されるような形で存在する
  • 脊椎(せきつい):骨そのもので一般的に背骨のことを言う

DM病は脊髄(中枢神経系)の細胞が変性を起こす病気で後ろ肢から麻痺といった症状が始まり最終的には呼吸器系にも症状が及び死に至るとされています。

進行ステージ

ステージ1 両後ろ肢に震えやふらつきが見れるが歩行は可能
ステージ2 両後ろ肢の麻痺が進行し歩行が難しくなる
ステージ3 前肢にも震えやふらつきが始まるが歩行はまだ可能、排泄障害や後ろ脚の筋肉が酷い萎縮を起こす
ステージ4(末期) 四肢が麻痺してしまい歩行不可能、呼吸困難、発声障害、全身の筋肉が酷い萎縮を起こす

大体9歳から11歳頃に後ろ肢から症状が出始めて、2年~3年くらいかけて進行していきます。

治療方法はない

現在DM病に対する効果的な治療法は見つかっていません。

DM病を発症してしまった場合には麻痺により歩行困難などが出てきてしまう為、靴を履かせたりして擦り傷防止をしたりコーギー用の車いすの用意などが必要となってきます。

2020年前後以降に生まれたコーギーであればDM陽性はかなり少ないかも

2020年前後以降に生まれたコーギーであればDM陽性はかなり少ないかも
2020年前後以降に生まれたコーギーであればDM陽性はかなり少ないかも

昔はまだDM病の研究が進んでいなかったこともあり、コーギーも他の犬種同様血統重視での交配が盛んに行われていました。

その結果、DM遺伝子を持つコーギー同士を交配してしまい産まれてきた子達もDM陽性(高確率で発症)の子が多いという状態に陥ってしまっていたのです。

しかし今現在(2020年12月)はDM病に関する研究も進み、片親がDM遺伝子を持たないクリアなコーギーであればもう片方の親が陽性であっても生まれてくる子供はゼロに近い確率でDM病を発症しないことが分かってきています。

画像引用:DMゼロを目指して
  • クリア×キャリア=50%ずつの確立でクリアなコーギーとキャリアなコーギーが生まれる
  • クリア×陽性(アフェクテッド)=生まれた子の全員が100%キャリアなコーギーが生まれる

2020年前後以降に生まれたコーギーであれば基本的に片親にはクリアなコーギーを選んでいるはずです。

片親のどちらかがクリアなコーギーであれば子供は発症しないとされているので、2020年前後以降に生まれたコーギーであればDM病になる可能性は低いと言えそうです。

【まとめ】コーギーでDM遺伝子キャリアと言われても悲しまなくても大丈夫!

コーギーでDM遺伝子キャリアと言われても悲しむ必要はない!

遺伝子検査を受けてDM遺伝子キャリアと言われてしまうと不安になってしまうかもしれませんが、キャリアはDM遺伝子の一部を持っているだけで発症まではしないとされています。

一度落ち着いてください。

DM病は発症しないと言ってもコーギーがヘルニア等にかかりやすいことは事実なので、常日頃から足腰を守ってあげられるようにしたいですね。

以上!コーギーとDM遺伝子キャリアについてでした。最後まで読んでくださりありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる